ビジネスマンに英語学習は本当に必要なのか?

英語学習を始めるあなたへ

突然ですが、あなたは「日本の会社に英語なんて必要ない!」と思っている人は多いです。日本に住んでいれば、話す機会がほとんどないため、必要性を感じませんよね。

しかし、昇給を目指し、「よりハイレベルな仕事をこなしたい」と考えている場合、ビジネスマンにとって英語学習は必須です。IT技術の進歩により、グローバル化が加速しているからです。

実際に、インターネットなどIT技術の進歩はすさまじいものがあります。そして、グローバル化は私たちの思った以上に進んでいます。実は、この「グローバル化」こそが、英語をやるべき最も大きな理由になるのです。

そのため、ビジネスにおける英語学習は必須科目と言えます。

そこでこのページでは、ビジネスマンに英語学習が必要な2つの理由を解説させていただきます。これを読んでいただくことで、ビジネスにおける英語学習がどれほど重要であるかを理解していただけます。

英語が全てのビジネスマンに必要である2つの理由

グローバル社会の到来により、世界では「ボーダー(国境)レス化」が起こっています。「ボーダーレス」とは、本当に国境線がなくなることではありません。人・物・お金の流れが昔以上に活発になっていることを指します。

人・物・お金の流れが活発になったことで、ビジネスはもはや日本国内だけでなく、世界を見据えるようになってきています。欧米はもちろん、経済発展が著しいアジアや南米諸国、そして今後はアフリカなどとの交流も盛んになっております。

ただ、ビジネスを効率よく進めるためには、お互いの意思疎通は欠かせません。しかし、世界では以下のように、その国の言葉を全て身につけなければならないでしょうか。

  • インド:ヒンズー語
  • フランス:フランス語
  • メキシコ:スペイン語

不可能ではありませんが、実に非効率なやり方になります。

コミュニケーションの効率化を図るためには、全世界で使えることができる「共通語」が必要になります。

そこで、その役割を果たすのが「英語」なのです。

英語を学ぶべき理由1:英語は「共通語」として必要不可欠

これは大企業のことだけではありません。

先ほども解説させていただいたとおり、世界ではボーダーレス化が進んでいます。人・物・お金の流れは、簡単に国境を越えてしまうのです。

そのため、あなたの取引先が海外の企業になるということは、これから先かなり高い確率で起こることです。場合によっては、すでにそうなっているかもしれません。

グローバル化が進んでいる企業は、当然のように全てのことを「英語」で行ないます。

例えば、海外の拠点と日本の本社とのやり取りで考えてみましょう。

IT技術の発達により、世界中の従業員とそれぞれの国から、同じタイミングでパソコンやテレビの画面を通して行なうことが可能になりました。このとき、国が違う従業員が集まるので、「英語」という共通言語が必要です。これが普通のビジネスシーンになってきているのです。

私(当サイト管理人)がアメリカの現地法人へ海外赴任をしていた2003年、顧客のテレビ会議に参加をさせていただきました。そこでは、日本人とアメリカ人が一堂に会し、「英語で」アメリカ現地法人と日本本社との会議がなされていたのです。

顧客は世界に名だたる大企業です。

しかし、これはもう大企業の中で行なわれることではなくなります。IT技術は益々進歩し、グローバル化・ボーダーレス化ももっと進んでいます。ビジネスをこれから先もっと発展させたいのなら、私が体験したこの状況は普通になっていなくていけません。

言い換えれば、英語ができないということは、この当然の流れに乗れないということです。つまり、「ビジネスチャンスを逃してしまう」ことを意味するのです。

英語を学ぶべき理由2:情報入手方法の劇的変化

2つ目の理由は、「情報入手方法の劇的変化」です。

インターネットやスマートフォンの登場により、私たちは世界中の情報を簡単に手に入れることができるようになりました。

インターネット上で発信されているウェブサイトのうち 「英語で発信されているウェブサイトの割合」はどのくらいあるのか知っていますか? 実に、全体の約55%にあたるのです。ちなみに、日本語で発信されているウェブサイトは全体の約5%です。英語での発信量は日本語の約11倍になるのです。

この圧倒的な差がわかりになりますでしょうか。今一度、考えみてください。英語ができれば、世界の約6割の情報を手に入れることができます。

ビジネスの世界において、特にアメリカは常に最先端トレンドを有しているのです。ビジネス系のウェブサイトを見ていると、様々な分野の有益なビジネス書の紹介もされています。あなたがそれらの良書を読みたいと思っても、英語が分からなければ翻訳版の出版を待つしかありません。

しかし、翻訳版が出版されるのは早くても1~3年後です。その頃には、他のライバルが先行している可能性が十分にあります。

ビジネスにおいて、情報は命です。

刻一刻と状況が変わる中で、有益な情報をいかに早く入手するかがビジネスの成功にかかっています。

まとめ

このページで解説させていただきました通り、グローバル化・ボーダーレス化した世界のビジネスシーンにおいて「英語」は全てのビジネスマンが備えておくべき最低限必要なツールです。

この共通言語がないと、「ビジネスチャンスを逃してしまう」事態を招き、命ともいえる「最新情報」を手に入れることができなくなります。

もし、「ビジネススキルを磨き、より稼いでいきたい」といった考えがあるのであれば、英語学習は必須です。
たくさんの国の⼈と話すことができるだけで、ビジネスの幅は⼤きく広がり、あなたを⼀流のビジネスマンへと成⻑させてくれると考えてください。

タイトルとURLをコピーしました