リーディングスキルを上げれば他の英語スキルも自然と上がる

リーディング

リーディングスキルを向上させれば、他のスキル(リスニング、スピーキング、ライティング)が自然と上がります。リーディングは、英語の基礎力である「語彙力」と「文法」を身につけるのに最も有効な方法だからです。

「語彙力」と「文法」の知識がなければ、英語学習をいくらやっても身につきません。それは、例えるなら「包丁の握り方も、よい食材の見分け方も知らないのに、プロ並みの料理を作ろうとしている」ことと同じです。

この記事では、なぜリーディングが英語の基礎力(「語彙力」と「文法」)を身につけるのに最適なのかを説明していきます。そして、「語彙力と「文法」を学ぶことがなぜ他のスキル向上につながるのかを解説していきます。

「語彙力」と「文法」を向上させるためのキーワード:「何度も繰り返す」

「語彙力」と「文法」は、英語力向上のためになくてはならない基本的なスキルです。

そして、これらの基本的な英語スキルを上げるための唯一の方法は、「何度も繰り返す」ことです。これ以外の効果的な方法はありません。とても単純なことなのですが、実はとても大変なことでもあります。

そして、「語彙力」と「文法」は「リーディング」で身につけるのが最も有効的です。「リーディング」では、どれだけ時間が経過しても、学習している内容が文字として様々な媒体(紙、スクリーンなど)に残ります。つまり、いつでも全く同じ英語に何度でも繰り返し触れることができるということなのです。

英語学習を続けていると、分からない単語や英文構造は必ず出てきます。そのような時、「リーディング」学習でしたら、分からない単語は辞書を使ってじっくり調べることができます。また、読んでいて理解できない英文も同様に、参考書などで確認しながらあなたのペースで読む進めることができます。

しかし、「リスニング」や「スピーキング」で同じことをやろうとしても、なかなかリーディング学習と同じようなペースではいかないでしょう。

リスニング学習用音源を使って勉強していて、何度聴いても分からない英語は必ず出てきます。しかし、聴き取れない英語を何度繰り返し聴いても、最終的に聴けるようになるということはほぼありません。

なぜなら、「聴いて分からない英語は、何度聴いても分からない」からです。分からない英語の確認は、スクリプト(セリフ)を読んで確認することになります。結局、ここでリーディング力が必要になるのです。

また、「スピーキング」はその場限りのものであり、同じことを何度も繰り返すのが非常に難しいです。また、相手がいるような練習であると、何度も繰り返し行なうのは相手にとっても苦痛になるかもしれません。

しかし、「リーディング」ではそのような心配をする必要は一切ありません。学習スピードはあなた自身で調整が可能だからです。

リーディングの効果的な学習方法として、私(当サイト管理者)は「精読⇒多読⇒音読」という順序で進めていくことをおススメしています。

精読とは、「英文を100%理解するまで、単語や文法などを徹底的に読み込む学習方法」のことです。
ここで、「分からない単語や英語構文」がなくなるまで徹底的に調べるのです。

そして、「多読」に移ります。多読とは、「読めるようになった英文を、より早く処理できるようにすることを目的とした学習」です。「多読」することで、何度も同じ英語に触れることができますので、この段階で「繰り返し学習」を徹底しましょう。できれば、自然にその単語や英文が出るようになるまで読み込んでください。

「リーディング」が他の英語スキルアップにつながる理由

「リーディング」は、「語彙力」と「文法」の力を養うために最も有効的な方法です。つまり、英語の基礎力を養うための最適な学習方法でもあります。

ですので、「リーディング」を行なうことで、他の英語スキル(リスニング、スピーキング、ライティング)の基礎力も同時に養っていることになるのです。

一体どういうことなのか、ここでは詳しく説明していきます。

インプットなくしてアウトプットはできない

英語学習で大切なことの一つに、「インプット⇒アウトプット」があります。つまり、「アウトプットをする前に、それ以上にインプットを行なう」ことがとても重要なのです。

英語では、インプット・アウトプットは次のように分けられます。
インプット=リーディング・リスニング
アウトプット=ライティング・スピーキング

英語学習において、「大量のインプットなくして、アウトプットはあり得ません。」インプットの目的は、英語の知識を身につけることだからです。

インプットする英語の知識とは、単語の意味・文法・発音・イントネーションなどです。

インプットは、大量にやればやるほどアウトプットできる量も多くなります。したがって、インプットはできる限りやることが重要です。

しかし、インプットできる量とスピードは、学習者一人ひとりで違います。それぞれのペースがあり、早くやればいいというものではありません。

それぞれのペースで確実にインプットを行なうことができるのは、「リーディング」だけです。先に話したとおり、「リーディング」は同じ情報が文字として残るので、一人ひとりのスピードに合わせた勉強を可能にするからです。

まさに、「リーディング」はインプットをするための最も理想的な学習方法と言えるでしょう。

英語学習は、何度も繰り返しをすることが大事です。ですので、「リーディング」でも、特に多読に力を入れることで、大量にインプットをして、英語の基礎力(語彙力と文法)を養うことをおススメします。

「リーディング」は英語文章を組み立てる訓練に最適

「リーディング」では、英語の基礎力である「語彙力」と「文法」を身につけます。

この「語彙力」と「文法」は、英語の文章を構成する大切な要素でもあります。この2つがないと、あなたの言いたいことが正確に伝わりません。

そこで、「リーディング」をすることで何度も同じ英語の文章に触れ、「英語の文章構造」をしっかり覚えていくのです。

「語彙力」と「文法」を身につけ、その上で英語の文章構造が分かるようになると、「英文を組み立てる力」がついてきます。

そして、練習を繰り返していくことで、英語を使ってあなたの言いたいことが的確に伝えることができるようになっていくのです。

まとめ

「リーディング」は、英語の基礎力である「語彙力」と「文法」を身につけるのに最も有効的な学習方法です。あなたの理解度に応じて、学習スピードを変えることが容易だからです。

また、「リーディング」をすることで、他のスキル(リスニング・スピーキング・ライティング)も向上させることができます。インプットが大量にできること、そして英語で文章を組み立てる訓練に適しているからです。

「リーディング」は、英語力の基礎作りに最適な学習方法です。正しいやり方で行なうことで、その先の英語学習の質を必ず変えてくれるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました