英語への苦手意識をなくす方法:「英文法」と「完璧を目指さない」

英語力アップに必要なこと

英語をやりたいと思っているけれども、「どうも英語は苦手だ」と感じていませんか? 英語に対する苦手意識により、英語学習を始めることを躊躇(ちゅうちょ)していますか?

もし、英語が苦手と思っているのなら、まずやってほしいのは、「英文法の総復習」です。英文法が頭に入っていないためせっかく覚えた単語や文章を使いこなすことができないからです。

そして、英語に対する苦手意識を克服するために、ネイティブみたいに英語を話したいという「完璧主義を捨てる」ことをおススメします。ネイティブの英語と自分の英語を比べ、自分の英語が「劣っている」と感じ、英語ができないと思い込んでしまうからです。

この記事では、最初に日本人が「英語に対する苦手意識」を持つ理由について考えていきます。そして、「英文法の総復習」と「完璧主義を捨てる」ことで、「英語に対する苦手意識」が変わる理由をお話しします。

なぜ日本人は「英語が苦手」と思うのか

「児童生徒の英語に対する意識調査」によると、小学校5・6年生では全体の約10%が「英語が嫌い」と回答しています。

しかし、高校3年生になると「英語が嫌い」と割合が全体の約60%に上がっています。年齢が上がるにつれて、「嫌い」と回答する割合が上がる傾向になっているのです。

なぜ、年齢が上がるにつれて「嫌い」という回答の割合が上がっていくのでしょうか。原因は、日本の教育システムや日本人の考え方にあります。

日本人の「英語が苦手」という感情について、具体的な例を挙げながら検証をしていきます。

「完璧な英語」を話そうとする

日本人は、「間違ったら恥ずかしい」という感情が特に強いです。そのため、「間違えるぐらいなら、何も話さない方がいい」と考える傾向にあります。

そして、「完璧な英語」を覚えるまで、なるべく英語を使うのを避けようとします。

英語を使わなくなってしまううちに、いつの間にか「私は英語ができない」という考えにとらわれてしまうのです。

減点方式

試験・テストは、通常「減点方式」が採用されています。つまり、「間違いがあれば、点数が引かれていく」方式です。減点方式は特別なものではなく、どこででも採用されてます。

実は、この採点方法が英語学習の大きな妨げの一つになっているのです。

テストでは、模範解答と比べて「間違い」があれば点数が引かれていきます。長年そのような学習をしていると、「模範解答に近い」英語が「完璧な英語」だと考えるようになってしまいます。

英語の試験で点数が取れなかった経験を持ってしまうと、その時点で「自分は英語ができない」と決めつけてしまいます。その結果、英語に対し苦手意識が生まれてしまうのです。

「みんな一緒で」教育

『出る杭は打たれる』という言葉があります。ちょっとでも目立つようになると、同じ高さにそろえられてしまうことです。

日本人は、「みんなと一緒」ということを幼いときから教えられます。全員で「うまくなろう」という考えであればいいのですが、実際はそのようになりません。

ちょっとでも「発音がいい」「文章がうまい」「成績がいい」となると、目立ってしまいます。そして、「自分はみんなと違う」ことを意識しすぎるあまり、「みんなから仲間外れにされないか」と考えるようになります。

そうなってしまうと、「頑張ってやっていこう」という気持ちが押さえつけられてしまい、せっかくの向上心もなくなってしまいます。英語学習にはこの向上心が必要なのに、「みんなと一緒でなくてはならない」という感情が邪魔してしまうのです。

白人コンプレックスからくる「自分はできない」という思い込み

「英語をやりたいけど、自分にはできないから」と、自分から英語学習を遠ざけてしまう方がいます。これには、白人に対する「コンプレックス」が関係しています。

私たちが「外国人」を思い浮かべるとき、必ずと言っていい程「白人」が出てきます。そして、白人といえば「英語」と関連付ける方が、ほとんどではないでしょうか。

英語を自由自在に使っている白人の外国人を見ると、羨ましいと思いますか。それと同時に、「自分はあのようにはできない」と考えてしまっていませんか。

英語を使う白人に対する強烈なコンプレックスは、英語を母国語としない私たちを無意識のうちに「彼らより下の存在」とみなしています。そして、「こんな私が、あんな風に英語を話すなんて無理」と、勝手に自分自身で限界を作ってしまうのです。

苦手意識の克服する方法:「英文法」と「完璧を目指さない」

英語に対する苦手意識を克服するために最も効果的な方法は、次の2つです。

  1. 「必要な英文法」をしっかり学ぶ
  2. 「完璧な英語」を目指さない

それぞれの項目に関して、もっと詳しく解説していきます。

1.「必要な英文法」をしっかり学ぶ

必ず身に付けてほしい英文法は、「中学3年間で学習した範囲のもの」です。これだけで、70~80%の英語はカバーできます。

「英会話に文法は必要ない」という考えを持っている人がいます。学校で文法を重点的にやった結果、日本人は「英語を話す」ことができない、というのが理由です。

しかし、それは間違いです。英文法は、英語の基本だからです。基本が全く理解できていなければ、学んだことの応用が全くできなくなってしまいます。

まずは、中学3年間の文法をまとめて復習できるテキストを選びます。選定する基準は、次のとおりです。

  • 説明を読んで、一番理解できる
  • 練習問題が多い
  • テキストがあまり厚くない

理解している文法は、とばしても構いません。理解できていない内容から順番に復習していきましょう。

2.「完璧な英語」を目指さない

「英語が完璧にならないと、恥ずかしくて話せない」と、英語を使うことに躊躇(ちゅうちょ)する方がいます。

そもそも、「完璧な英語」とは何を指しているのでしょうか。ほとんどの場合、それは「ネイティブが使っている英語」のことを言っています。

しかし、ネイティブだからといって、「完全に正しい英語」を話しているわけではありません。私たち日本人が、いつも「完全に正しい日本語」を話していないとの同じです。

「完璧な英語を使わなくてはいけない」という考えを捨ててください。「ネイティブでも間違いはあるのだから、ネイティブでない自分たちは間違えて当たり前」ぐらいの考えでいましょう。

もし間違っていることがわかったら、直せばいいだけです。使ってみて、初めて学ぶこともたくさんあります。

次の2つの似た英文を例にして、もう少し詳しく説明していきましょう。
I am bored.
I am boring.

両方とも、「つまらない(bored/boring)」を使った文章です。2つ目の文章ですが、文法的な間違いがあります。

実は、この英文には私にとって今でも忘れられない思い出があるのです。

私(当サイト運営者)が、アメリカ留学を始めて間もない頃の話です。私は、あるアメリカ人と話をしていました。

そのときは、何だか気持ちの落ち込みがあり、何をやってもつまらないように思えていました。そして、”I am boring.”と彼に対して何度が言っていました。

すると、「君は僕の話がつまらないのか?」と彼が聞くのです。私は何のことかわからず、「何でそんなことを聞くの?」と聞き返しました。そして、彼の説明を聞いて初めて自分が間違った英語を使っていたことがわかったのです。

私は、「何だかつまらないんだよね(暇なんだよね)」と言っていたつもりでした。その場合は、”I am bored.” と言うべきなのです。

しかし、”I am boring.” にしてしまうと、「あなたの話がつまらないから、僕もつまらない」というように聞こえてしまうのです。

ちょっとした違いが、大きな誤解を生むと分かった瞬間でした。そして、私にとってそれはとても大事な体験となったのです。

このように、何年経っても忘れない体験をすることが大事です。そのような経験は、後の英語学習に必ず役に立つからです。

大きなトラブルになる間違いには気をつけて、恐れずどんどん英語を使う習慣をつけていくことをおススメします。

まとめ

英語に対する苦手意識を克服するためには、「英文法の総復習」と「完璧を目指さない」ことが大事です。

私たち日本人が、英語に対して苦手意識を持ってしまうのは、いろいろな理由があります。それは、日本人特有の考え方や教育システムと深い関係があります。また、日本人が白人に抱いているコンプレックスも大きく影響しています。

その苦手意識を克服するためには、まず「中学英語の文法」をしっかり復習していきましょう。これが、今後の英語学習の積み重ねに不可欠だからです。

そして、「完璧主義」を捨てて、どんどん英語を使う習慣を身に付けましょう。

タイトルとURLをコピーしました