リスニング上達に必要なのは「リーディング」と「音読」

リスニング

リスニングスキルを向上させたいのなら、必ずやるべきことは「リーディング」と「音読」です。なぜなら、リスニングで挫折してしまう原因となる「英語の意味がわからない」と「英語の音がわからない」という問題を克服するには、「リーディング」と「音読」が最も効果的だからです。

リスニング学習というと、ほとんどの学習者は「音源をひたすら聴く」と思っているでしょう。確かに、その方法は間違いではありません。

しかし、英語初心者や中級者がこのような方法で勉強を始めてしまうと、中途半端なリスニングスキルしか身につきません。あるいは、かなり高い確率で挫折してしまいます。「英語の聴き流し」だけでの学習は、初心者や中級者にはふさわしくない方法だからです。

この記事では、「英語音源の聴き流し」リスニング学習をおススメしない理由をお話ししていきます。そして、リスニング学習に「リーディング」と「音読」が必要な理由を解説していきます。

「聴き流し」で犯しやすい間違った3つの学習方法

リスニング学習というと、ほぼ全員が「音源を聴く」方法を選ぶでしょう。その中でも、「聴き流すだけ」と謳われている教材は、一見手軽で勉強を続けやすいように感じます。

しかし、あなたが英語初心者あるいは中級者であるなら、決して「聴き流すだけのリスニング教材」を選んではいけません。「聴き流し」だけでは、あなたのリスニングスキルは絶対に向上しないからです。

「聴き流すだけの教材」を使った勉強で、英語学習初心者や中級者が犯しやすい間違いはこの3つです。

  1. スクリプト(セリフ)なし教材での勉強
  2. わかった気になる
  3. 一回だけの聴き流し

それでは、一つずつ詳しく解説していきます。

1.スクリプト(セリフ)なし教材での勉強

インターネットの普及により、洋画や海外ドラマ・ニュースが手軽に、しかも無料で視聴できるようになってきました。このようなメディアは、英語学習にかける費用を抑えるには、うってつけの教材といえるでしょう。

しかし、こうした手軽な教材には大きな欠点があります。

それは、スクリプトがないことです。

スクリプトとは、話している内容を文字に起こしたものです。映画やドラマであれば、セリフと考えてもらえればいいでしょう。

「リスニングは何回も繰り返し聴けば、そのうちわかるようになる」ことは決してありません。何度聴いてもわからない英語は、ずっとわからないままです。聴いているだけは、リスニングスキルの上達はあり得ません。

そこで必要になるのが、スクリプトです。聴けていない英語を、文字で確認することで聴けるようにしていきます。動画であれば、字幕機能もいいでしょう。できれば、印刷できるようにテキスト文書にしておくことをおススメします。

ここで気を付けてほしいのは、スクリプトは「英語」であることです。確認したいのは「英語」なので、日本語では意味がないからです。

リスニング教材を選ぶときには、必ずスクリプトの有無を確認しましょう。スクリプトがついていない教材は、絶対に使用しないでください。

2.わかった気になる

ある程度リスニング学習が進んでくると、少しずつですが聴ける英語が増えてきます。手ごたえが感じられ、勉強が楽しくなってくる時期でしょう。

しかし、そのときに気を付けたいのが、「わかった気になって」確認を怠るようになることです。

スクリプト(セリフ)がある教材を使用していたら、聴いてわからない英語を文字で確認できます。文字で確認してから再度リスニングの練習を始めると、「英語が聴けている」錯覚に陥ることがあります。

本来は、聴いてわからなかった英語を文字で確認し、その英文を声に出して発音やイントネーションなどを練習するのが正しい方法です。

しかし、「英語が聴けている」と思い込んでしまうと、つい声に出さずただ聴き流してしまいます。それでは、せっかくスクリプトでしっかりと英文を確認した意味がなくなってしまうのです。

3.一回だけの聴き流し

「なるべく多くの英語を聴くことが、リスニング上達の近道」というのは、間違った考えではありません。

しかし、できる限り多くの英語を聴こうとして、一回聴いてまた別のものを聴こうとする学習者がいます。

闇雲に多くの英語を聴いていても、決してリスニングスキルは上がりません。聴けていない英語が、ある日突然聴けるようになることは絶対にないからです。

もし、あなたがこのような勉強をしているのなら、すぐにやめてください。そして、同じ音源を何度も繰り返し聴く学習方法に切り替えましょう。

ただし、ただ聴くだけではダメです。必ずスクリプトも準備してください。聴けない英語を何度も聴いても、ずっと聴けないままだからです。

リスニング上達には、スクリプトを上手に使いながら、何度も繰り返して学習する方法が最も効果的であることを覚えておいてください。

リスニング上達には「リーディング」と「音読」が必要不可欠

リスニングは、日本人が最も苦手としている英語スキルです。そして、非常に高度なスキルでもあるため、その習得には時間がかかります。

リスニングスキル上達のため、多くの学習者が行なうのは「なるべく多くの英語を聴く」ことでしょう。方法としては、決して間違いではありません。

しかし、これを行なっていいのは英語上級者だけです。英語の基礎である「語彙(ごい)力」と「文法知識」がしっかり身についているからです。

では、英語の基礎力が足りない初心者や中級者は、どのような勉強をしていけばいいのでしょうか?

それは、「リーディング」と「音読」です。

一見リスニングには全く関係ないように思われますが、実は「リーディング」と「音読」はリスニング上達には欠かせないものです。なぜなら、「リーディング」で英語の基礎力である「語彙力」と「文法知識」を身につけることが、「音読」で雑音だった音を言語として認識させることができるからです。

「リーディング」と「音読」がリスニング学習に必要な理由について、もう少し詳しく解説していきます。

「リーディング」で語彙力・文法知識・文章構成を身につける

リスニングの上達には、英語基礎力(「語彙力」と「文法知識」)が必須です。いくら「音」を認識できても、「語彙力」がなければ「意味」を理解できません。また、「文法知識」がなければ英文を理解することもできません。

しかし、英語初心者や中級者の多くは、英語基礎力を無視して「なるべく多くの英語を聴こう」としてしまいます。

「語彙力」と「文法知識」がないうちに、いくら英語を聴いてもリスニングスキルは向上しません。単語や英文の「意味」が分からなければ、聴いているのはただの雑音でしかないのです。

そこで、「リーディング」を行なうことで、「語彙力」と「文法知識」を身につけます。具体的には、リスニングのスクリプトを、英語を聴く前に読んでおくのです。

事前に英文を読んで、わからない単語・熟語や英文を徹底的に調べましょう。そうすることで、あなたの「語彙力」と「文法知識」を増やしてください。それらを増やせば増やすほど、リスニングはもちろん他のスキル向上にも大いに役立ちます。

また、「語彙力」と「文法知識」を身につけると同時に、英語の文章構成を覚えていきましょう。

英語は、日本語とは全く違った文章構成になっています。英語の語順で読んでいくことで、英語に慣れていくのです。

そうするためには、スラッシュリーディングがおススメです。スラッシュリーディングとは、単語を一つずつ見ていくのではなく、意味のある塊をスラッシュ(/)で分けて読んでいく方法です。学校の授業でやるような和訳しかやったことがないと、この方法に慣れるまでは大変かもしれません。

しかし、根気よく繰り返しやることで、徐々にパターンがわかってきます。最初は時間をかけて、丁寧にやっていきましょう。

「音読」で雑音を「言語」として認識させる

リスニングでの「音読」の目的は、脳が雑音として処理していた音を「言語」へ変えることです。

リスニング学習でスピーキングの要素がある「音読」を行なうことは、一見無駄のように思えます。

しかし、実はリスニングとスピーキングは密接な関係があるのです。私たちの脳が、言語を認識する過程において、「声に出したことがあるかどうか」が重要な要素になるからです。

私たちの脳は、聞こえてきた音が雑音か言語を区別するときに、「口」「舌」「あご」「声帯」などで以前にその音を自分で作ったことがあるかどうかを、すさまじい速度で照合して判別しているのです。そして、自分で作ったことがある音であると脳が判別すれば、それは「言語」として認識されます。

ですので、「音読」はできるだけ正しい発音で行なうことが重要となってきます。そして、できる限り多くのデータを脳に入れることで、「言語」として認識される音が増えていきます。

また、「音読」をしているときは、英語の意味や内容を理解しようとしなくても大丈夫です。正しい発音を聴いて、その音をひたすら真似ることに集中しましょう。

「音読」の効果は、表れるのが遅く、全く上達していないように感じるかもしれません。小さな積み木を一つずつ積んでいくような感覚で、少しずつ脳に音声データを蓄積していってください。積み上げた分だけ、必ず結果として出ることを覚えておきましょう。

まとめ

リスニング上達のため必ずやるべきことは、「リーディング」と「音読」です。リーディングで英語の基礎力である「語彙力」と「文法知識」を身につけ、「音読」で雑音だった音を言語として認識させるためです。

「聴き流し」によるリスニング学習は、英語初心者や中級者向きではありません。スクリプトのない「聴き流し」リスニング勉強法は、一度聴いただけで内容を理解したと錯覚させてしまいます。

そのようなことにならないために、必ずスクリプトがあるリスニング教材を選びましょう。そして、「リーディング」と「音読」を行なうことで、リスニングスキルを基礎からしっかり身につけていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました